どもづこー!


いつも娘にはし〇じろうパペットで「一緒にお片付けしようよー」とか「もうねんねの時間だよ~、ぼく先に寝ちゃうよ~」などと何かとお友達感出しつつ 遊んだりお願いしたりしていました。
娘もそんなし〇じろう(私の右手)とニコニコしながら交流を深めていたのですが、今日ついに…


bare

し〇じろうを奪われました。
しかも奪ったあげく自分の手に入れて口パクを始めるではありませんか…!

なんてことだ、娘はし〇じろうが実は母の手だったと気付いていたなんて…。
じゃあいままでの私の小芝居はなんだったのか。
娘は、気付いてないと思い込んで声色まで変えて必死な私を内心笑っていたのか…恥ずかしい!!

いつから気付いていたのか?

いや、もしかしたら最初からし〇じろうは人形だと知っていた…?