どもづこー!

本日は本のご紹介です。

DSCF5545

モンズースーさん2冊目の本ですね。


2
グレーゾーンの長男そうすけ君と、同じくグレーゾーンの次男あゆむ君、そしてモンズースーさんご本人もADHDながらお子さんの為に奮闘されています。





実はわたくしブログを始めて少しした頃、なぜか「もんずう…」という言葉が頭から離れなくなってそれがなんなのかわからず暫く悩んでいた時期がありました。
3

ぼーっとしてるとふいに浮かんでくるその呪文(?)。

4

夫に聞いてもわからず。
新しい野菜の名前かな?外国のバンドの名前かも…?
モヤモヤしたまま何となくネットで検索してみたら…


5

印象的なお名前なので多分育児サイトとかでお名前をお見かけして頭に残っていたんでしょうね。
あとなんか響きがいいのでつい口にしたくなる…。

ちなみにご本人様のブログによるとPNの由来は『「もずの巣」という言葉がなまったもの』だそうですよ。(なるほど!)





内容と関係ないお話で失礼しました。

本編は主に長男そうすけ君の幼稚園入園&進路にまつわるお話です。
療育が受けられる幼稚園へ入園したそうすけ君が優しい先生やお友達との交流を通して苦手を克服し、どんどん成長していく様子は読んでいるこちらも嬉しくなります(*´ω`*)
モンズースーさん自身も最初は「保護者付き合いがうまくできるんだろうか…?」と不安な様子でしたが、気の合うママさんたちと情報交換し合ったり外食したり、時には話しにくい親の障害についても語り合えることで「今では大切な財産」とおっしゃっています。


幼稚園の先生方や発達外来の先生もモンズースーさんと一緒に進路のことで怒ったり泣いたり喜んだりしてくれて、最後の方の行政との闘いは私もハラハラしながら読み進めました。
無事に希望の幼稚園入園が決まって、担任の先生からお別れの事実を聞かされたそうすけ君が先生に背を向け泣きながら「花粉症だから」と強がりを言うシーンはお恥ずかしながら私マジ泣きしてしまいました…。



モンズースーさんの本は読みやすく、知りたい&役に立つ情報が満載でした。
運動や姿勢維持が苦手な子のためのリハビリの内容も描いてあって、細かい作業や姿勢維持が苦手なゆぴこにも参考になりました。(手すり付きのトランポリン買っちゃおうかな…)
あと、合間に入ってるそうすけ君とあゆむ君の4コマエピソードも必見です!あゆむ君の怒り方カワイイ~♡(*´▽`*)


というわけで、今育児に奮闘されてるすべての親御さんにぜひ読んで頂きたい一冊です!
(私の下手な文章じゃ伝えきれないのでホントぜひ読んで欲しい…!)





モンズーズーさんのブログ
生きづらいと思ったら親子で発達障害でした













読者登録すると更新時LINEに通知がいくらしいですよ



呟いたりお絵かきしたり。「今日のむすめことば」という1コマ漫画をほぼ毎日UPしてます。