こんにちは。


子供が幼稚園に行くようになると、風邪・手足口病・アタマジラミ・とびひetc…いろんな病気をもらいがちですよね。どれも厄介で家庭の安息を脅かす恐ろしい病気です。

しかし!これらだけではない、感染力が強く一度感染するとなかなか完治しにくい病気があることをご存知でしょうか…?


それは…




うんこ病。




【うんこ病】(うんこ-びょう):
幼稚園の主に男子が発生源の場合が多く、これに感染すると「うんこ」「うんち」などとただひたすらその単語を連呼、もしくは「〇〇〇うんこ!」などと語尾に「うんこ」とつけたがるようになります。本人は「うんこ」というなんか面白い響きと「いけない言葉を発している」という背徳感に恍惚となり周囲の大人は大ダメージを負うのが特徴。
また「うんこ病」の感染力はすさまじく、男子・女子問わず感染し注意してもしばらくすると再発を繰り返すため完治するまでには長期間を要する。特に言葉を覚えだして間もない年少組は注意が必要。
類似の病気に「おちんちん病」「うんこちんちん病」など。
治療法として「お父さんのカミナリ」「先生による真顔の説得」などが有効とされる。




この難病にゆぴこもとうとう感染。
只今治療中であります。


unkos


恐ろしいですね…!
来客中になんか突然いわれたら…想像しただけで震えます。
小さいお子様がいらっしゃる親御様方、くれぐれもおきをつけくださいませ…。




unkosan

甥っ子のK君、感染しました。









twitterにて娘のその日印象に残った言葉を1コマ漫画にしてほぼ日(あんまできてないけど…)更新しとります。よかったら(^◇^)