こんにちは。


娘ももうすぐ4歳になります。
親からしたらつい最近まで赤ちゃんだった感覚ですが、子供はもう大人への階段をダッシュで駆けあがってる真っ最中。手を貸そうとすると「じぶんでできる!」と拒否されることも多くなりました。
とはいえ、まだまだ「おかしゃんごはん食べさせて~」とか甘えたりベイビーみたいなとこもあるんですよね。

そんな娘について、登園の時にママ友さんと何気なく会話していた時のこと。

18.10.13s
この時ゆぴこは黙って手を繋いでいました。
いやな気持ちになっていたのか他のことを考えていたのか本当のところはわかりません。
実際のとこ私の考え過ぎで特に何もかんがえてなかった可能性もあります。

でも、私がゆぴこだったら「お母さんたら友達のお母さんにそんな話しないでよ!友達も聞いてるのに…!!」とプンプンしてることでしょう。

私の母親がわりとそういうとこ気にしない人で、平気で同級生親子に「〇〇ちゃんは可愛いから何でも似合うわねぇ。この子は何着せても似合わないから~」とか言ったりして何度も居たたまれない気持ちを味わってきたので娘にはそんな思いさせたくないと思っているんですけどね。(今思うと謙遜のつもりだったのかもですが…)


見た目や行動が大人びてきて、それに合わせた服を買ってあげたり本人がやりたがる事はやらせてあげるようにしたりと私も対応してきましたが、これからはもっと心の問題にも気にかけていかないとなぁと思いました。

というか、むしろこれからは子供の「心の問題」が育児の一番の課題になっていくんでしょうね。

育児ブログネタもそのうちゆぴこにお伺いたててからとかになっちゃうのかなー(;^ω^)







twitterにて娘のその日印象に残った言葉を1コマ漫画にしてほぼ日(あんまできてないけど…)更新しとります。よかったら(^◇^)