むすめ雑記帳

ウォンバット母さんこと、もづこの育児絵日記です。

タグ:ラスク

どもづこー!今回は産後間もなくの頃のお話です。夫は育児にはかなり協力的な方で、オムツ交換とかも率先して手伝ってくれたりしていたんですが それでもやはり私は毎日の慣れない育児と自由のきかない生活にストレスを溜め込んでおりました。夫はそこまで私がラスクを食べた ... 続きを読む
どもづこー!


今回は産後間もなくの頃のお話です。

夫は育児にはかなり協力的な方で、オムツ交換とかも率先して手伝ってくれたりしていたんですが それでもやはり私は毎日の慣れない育児と自由のきかない生活にストレスを溜め込んでおりました。



rasuku1

夫はそこまで私がラスクを食べたかったと受け止めていなかったようで「なんか甘いお菓子が欲しいんだな」くらいの感覚だったようです。

で、ラスクは歯が弱いお義母さんは食べづらいし、皆が好きで柔らかく尚且つ分け合えるものがいいだろうと考えた結果チョコ詰め合わせとなったようです。
ここで私なら両方買ってくるところなんですが甘いものに興味がない夫にはそこまで考えがいかなかったんでしょう。

今ならそんなふうに冷静に考えられるんですが、当時はとにかく些細なことで泣いたり怒ったりしてたので最早ラスクがどうこうよりも

「私が喜ぶことよりも自分の母親のほうを優先するんだ!こんなに育児がんばってるのに理解してもらえない…もう一緒にやっていけない!」

と絶望していました。
夫もよかれと思って買ってきたのに号泣されて困惑。
お義母さんは理由がわからないので(ケンカの原因は言いませんでした)オロオロ。
数日険悪な状態が続きました。
その後、こままだとほんとやばいと思い立って、夫に数時間子供を見てもらい久々に一人で散歩してスーパーで買い食いしたらだいぶ気が晴れました。
あの時期のことは今でも思い出すと心がキューッとなります。
今にして思えばアレが「産後うつ」というものだったのかもしれません。


この前久々に池袋行ったとき珍しく夫が
「ラスク買って帰る?」
と聞いてきたのでふと当時のことを思い出し漫画にしてみました。

ラスクで離婚にならなくてほんとうによかった…。