むすめ雑記帳

ウォンバット母さんこと、もづこの育児絵日記です。

タグ:新幹線

こんばんは。娘連れて実家に帰っていたので更新空いてしまいました。今回お義母さんも心配だしミニャスのことも気がかりだったので帰省に迷ったんですが、夫が「幼稚園通うようになったらそうそう帰れなくなるでしょ。お義母さん(私の母)にも暫く会ってないんだしミニャス ... 続きを読む
こんばんは。
娘連れて実家に帰っていたので更新空いてしまいました。


今回お義母さんも心配だしミニャスのことも気がかりだったので帰省に迷ったんですが、夫が
「幼稚園通うようになったらそうそう帰れなくなるでしょ。お義母さん(私の母)にも暫く会ってないんだしミニャスの面倒はみるからゆっくりしてくれば?」
と言ってくれたので思い切っていってまいりました。(夫、ありがとう…!)


最後に帰省したのはいつだったっけ…ゆぴこ2歳ちょっとぐらいの頃だったかな?もっと経ってたっけかな。とにかく、久々の帰省です。
ゆぴこには帰省の数日前に「こんど新幹線にのれるよ」って言ったらもう「今日のる!今から!!」みたいになって収拾つかないぐらいになったので当日までほぼ言わないでおきました。


そんな感じで帰省(というより新幹線に乗るのを)めっちゃ楽しみにしていたゆぴこ。
当日の様子は…



shinkans


娘にとって新幹線とは。





まぁいつも外観しかみてないから乗っちゃうとピンとこないのかもしれないですね。
乗ってからも外ほとんど見ないでK君とおしゃべりしてたし。


それと、関係ないですが車内で幼児たちを大人しくさせるのほんと難しいですね。
乳児の頃とはまた違った大変さ。
周りの方の目が気になって親たちは(冷)汗だくでしたよ…。


















どうも、もづこです。長々と続いた「帰省した時の話」最終回です。楽しかったぶん別れの時は寂しい…ぽろりもなにもアンタ最初から素っ裸じゃん、みたいな突っ込みは聞こえません。夏場、外での授乳はカバー暑がるからこまるんですよね~完全に油断してるとこでいきなりガバ ... 続きを読む
どうも、もづこです。

長々と続いた「帰省した時の話」最終回です。
楽しかったぶん別れの時は寂しい…

kitaku1

ぽろりもなにもアンタ最初から素っ裸じゃん、みたいな突っ込みは聞こえません。


夏場、外での授乳はカバー暑がるからこまるんですよね~
完全に油断してるとこでいきなりガバッとめくられて大慌てでした。
(しかも動揺してたせいか、降りる準備して車内出口向かう途中まで服のボタン閉め忘れてブラ全開で歩いてた…)


そんな恥ずかしい失敗の後、優しいお姉さんに助けられました。

kitaku2
私が降りるために娘を片手で抱えてもう片方の手でベビーカー押してたら、仕事で乗車してたらしきお姉さんがサッとベビーカーを持ってくれて新幹線外まで運んでくれました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ご本人この記事100%読んでないと思うけど、この想いとどけーーーー!




…というわけで、 まさに私の思い出メモ的な自己満足漫画だったんですが(毎回か)、ここまで通しで読んでくださった方、ほんとうにありがとうございます!
たまたま開いちゃった方、 お役にたてる情報なくてすいませんでした。


どうぞ今後もブログをみて頂けたら嬉しいです!





ちなみに、迎えに来てくれた夫は久々に会えた喜びで娘をめっちゃハグしてたけど、娘はノーリアクションでした。
kitaku3
寝ぼけてたのかな。







読者登録すると更新したとき通知が行くみたいです。
          ↓



twitter
 ↓